×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NPC


神流 和貴(カンナ カズキ)
カンナの8歳上の兄。水杜市内の中学で数学教師をしている。
温和な性格。色々と一人で抱え込んでしまう面もある。
昔からカンナに親のような感情を抱いており、兄弟の枠を逸した関係になっていた。
カンナの事を優先するために婚約者と別れたが、最近復縁した。
今は婚約者との時間も大事にしている。

神流 貴久(カンナ タカヒサ)
カンナの父親。地元の市議会議員。2m近い巨漢。神流家当主。
温和で真面目。締めるところは締める。特に幼馴染でもある妻に厳しい。(いわゆるツン)
柔道家。息子のどちらかに柔道をやらせたかったが、二人とも才能が全く無く一瞬で挫折。
未来の孫に期待している

神流 彩(カンナ アヤ)
カンナの母親。専業主婦。元ヅカ。夫とは幼馴染。実家は神社。
明朗快活な性格。急に歌いだしたりする。夫にデレており、普通にのろける。
カンナの件で、母親としての自分の至らなさを密かに反省している。



水野 結子(ミズノ ユイコ)
兄の婚約者。書道教室を営む書道家。芯が強い大人の女性。兄の精神的支え。
最近はよく神流兄弟宅を訪れ、夕飯を作ったりしている。
カンナにとっては本当に姉のような存在になりつつある。


為末 永(タメスエ エイ)
カンナの元部活仲間。日本とフランスのハーフ(黒髪碧眼/NOT漫画表現)
やけに老成した仙人のような性格。核を突く物言いで、カンナに苦手に思われていた。
カンナ転校、飛子の影響により、部活環境の改善に乗り出す。3年次は部長も務めた。
高校で陸上をやめるつもりだったが、カンナの説得もあって、継続することに。
カンナと春から同じ大学。速水の想いにはまったく気づいていない。


飛子 清海(ヒコ サヤウミ)
家の関係でカンナの幼馴染だが、高校まであまり接触したことはなかった。
カンナの転校の理由を知り、憤慨する。陸上部に入り、部活環境の改善する。
実家は武術道場。高い身体能力を持つ。ちなみに陸上では投擲選手だった。
カンナと会うために陸上部に入ったので、陸上は続けない。カンナと春から同じ大学。
生真面目で融通が利かず、まっすぐな性格。カンナや他の兄弟によくいじられる。

速水 夕貴(ハヤミ ユウキ)
カンナとは中、高と同級生。陸上部マネージャー。優しく女の子らしい性格。
当時から不安定だったカンナのことはよく気にかけていた。
中学2年の終わりにカンナと交際するが、精神的に追い詰められていたカンナに
こっぴどく傷つけられ、耐え切れずに陸上部を辞めた。
その事をずっと後悔していたが、仲直りできずにいた。
後に為末と飛子の働きかけで陸部に復帰し、高校2年の年末にカンナと和解する。
カンナと春から同じ大学。今は為末に想いを寄せている。

周防 一豊(スオウ カズトヨ)
カンナの中学時代の一つ上の先輩。陸上部の部長でもあった。
年齢のわりに落ち着いており、懐が深い人物。
カンナはほのかに周防に信頼を寄せていたが、周防の彼女とのこともあり、壁が出来てしまった。
中学卒業してからは陸上を辞めて、篠宮の側にいる。同棲中。
周防の家族は同居しないかと申し出たが、篠宮が落ち着かないので家を出た。
篠宮のことは同情ではなく、本当に好き。
篠宮(シノミヤ)
カンナの中学時代の一つ上の先輩。
家庭に問題を抱えており、精神的に不安定な部分があった。
周防がいないと不安になり、一時的なぬくもりを求めて他の男に走ってしまう癖があった。
そのせいでカンナはひどく傷ついた。
現在は安定している。本来は純粋な女性。